日々改良

改良と改善

言葉は似てるけど意味は違うんですね

改良→不十分なところを改めて一層よくすること

改善→悪いところを改めてよくすること

そこで今回は改良について

毎日同じような作業をしてますが

毎回その作業には課題があって

ほんの少しずつではありますが改良しています。

例えば

006.jpg

プロテクションフィルム施工のM3

F80 M3は数台施工してきましたがどこか気になる部分ってあるんです。

なので若干型を作り変えて施工

より良くなりました。

コーティングだって

016.jpg

本液コーティング前のベースコートを変更

これも良くなった。

ソフトトップのコーティング

003.jpg

これも改良改良

元々が悪いわけではないですからね

あくまでも改良です。

そもそも同じことを淡々と繰り返すと飽きてしまうので・・・

これからも改良は続いていくのであります。

 

ただ拭くだけ

昨日から気持ちを切り替えて久しぶりのブログ連チャンアップ
 

どうしたんだ?やる気がでたのか?
 

いーえ違います。
 

ただ時間が空いただけなんです。

おそらく三日坊主だとは思いますが今後ともご閲覧ください。

直接作業には関係ありませんが

私が常に気を付けていることがあります。

それはモノをキレイに長く使うということ

例えば

014.jpg

フィルム貼るのに必要なスプレーボトル

使用後は必ず水を捨てよくすすぎボトルを拭いてから仕舞います。

中の水をそのままにしているとカビが発生して汚いじゃないですか

かつてフィルム貼った時にボトル内側に付いたカビが水と一緒に噴霧されてフィルム貼りかえた経験があり常に気をつけています。

それから洗車時に使うバケツ

011.jpg

これも相当長く使っていますけどキレイ

バケツは使い終わった後水分が残らないように必ず拭く

プロテクションフィルム貼ったり剥がすときに使うスチーマーも

008.jpg

使用後はキレイに拭きます。

基本水を使ったり関係する所は使用後必ず拭いてしまいます。

水って飲めるしキレイなものですけど

汚れを呼ぶものだと思っているので濡れたままにはしません。

洗車したって必ず拭くでしょ

同じことです。

後は

024.jpg

延長コードとか

023.jpg

移動式のライトも使用後拭いてから仕舞います。

ポリッシャーのコードも同様です

だって

019.jpg

こうやって肩にコード回して磨いているので自分が汚れるの嫌じゃないですか

しかも汚れたままお客さんの車触るの失礼だし

キレイにする仕事をしているので身の回りもキレイじゃないといけないと勝手に思い込んでいます。

すごいキレイ好きだとよく勘違いされますが

だた拭くだけ

それだけなんです

あとモノをキレイに使うと長持ちする。

これ母の教えです。








 


コーティングのちょっとしたこだわり

もう先月の作業の話なのですが

026.jpg

360チャレンジストラダーレ

こちらのお車にボディコーティングとプロテクションフィルムの施工

普通にマスキングして磨いてコーティングするわけですが

ボディは他のクルマ同様に施工します。

ここでこういったスーパーなお車の場合リアには大きなディフューザーがついていて

大抵リフトアップしない限りコーティングしようと思ってもなかなか手が届くわけもなく

しかも艶消しのペイントがしてあるのでヘタにコーティングするとムラになってしまいます。

そんな時は

037.jpg

ガンで拭いてしまうわけですコーティングを

(この写真のデン兄の顔怖い)

そしてコーティング完了したら

038.jpg

プロテクションして

043.jpg

完成です。

せっかく専門店ですからひと手間ふた手間かけないとやっている意味ありませんからね。

 

SINZ不思議発見!

当店はこのように

057.jpg

普通の2階建ての一軒家に見えます。

1階は通常店舗

お客様からよく聞かれることですが

2階はどうなっているの?と

そこで2階を初公開

058.jpg

建物向かって左にある階段を上ります。

上がりきると

059.jpg

なかなか立派な玄関

通常の鍵2つと電子キー1つで完璧

とはいえお客様のものを2階に置くことはありません。

060.jpg

ドアを開けると普通の玄関

収納が結構あるので在庫などここに置いたりしてます。

上がると廊下

061.jpg

人が住んでいるわけではないので夜はちょっと怖いです。

右手の引き戸を開けると

062.jpg

8畳の和室

何も物を置いていないのでキレイなまま

廊下左手は

063.jpg

トイレと

064.jpg

お風呂

ここも夜は怖くて絶対ドア開けられません。

なんといっても廊下の天井には

079.jpg

天井裏への蓋があり開けると折り畳み式の階段が下りてきます。

この天井裏、今まで一度も上がったことがありません。

この廊下エリアは夜本当に怖いです。

そして奥には

065.jpg

6畳の洋室

そのまた奥にはリビング

067.jpg

もう写真に写ってしまっていますが2階には

078.jpg

3000弌1000个箸いβ腓いカットテーブルがあります。

ここはプロテクションフィルムの仕込場でもあるのです。

つまり何が言いたいのかというと大きいカットテーブルが出来てとってもうれしいということ♪

このテーブル高さが940个△襪里妊ットしてても疲れないので最高です。

もうね、ジャンジャンフィルムカットしてしまうわけですよ!

ただし2階でフィルムカットしている時間は1階が不在になることがあるので

御用の方は

069.jpg

階段横のインターホンを押してください。


ビシッと

今日は10月1日

GTRマガジンの発売日です。

036.jpg

今号は先日当店が取材受けた内容が載っていますので是非書店にてご購入ください。

GTRマガジンの話はここまで

ちょっと地味なこだわりのお話。

以前に作業環境の管理についてブログに書きましたが

作業場について

常により作業しやすい環境づくりを心掛けていますが

作業していれば当然作業場は汚れます。

当店はクルマをキレイにする仕事をしているので当然作業場もキレイでなくてはいけません。

作業場にはなるべく物を置かないようにしていますが全く置かないわけにはいかない。

なので

020.jpg

こういったものや

021.jpg

こういったものには必ず

023.jpg

キャスターが

024.jpg

付いています。

すると

026.jpg

床には物がなくなり

そして清掃します。

028.jpg

高圧洗浄機でガンガン汚れを落として

029.jpg

その汚れた水を掻き出しちゃいます

それでも隅に水が残っているので

031.jpg

捨ててしまうようなウエスでキレイに拭き取って

物を元に戻して

033.jpg

清掃が終わるのです。

清掃し終えると心からスッキリするのです。

写真ではわかりづらいですが

人が寝れる程度にキレイにしていないといいパフォーマンスが発揮できないんですよ。

最後に

だいぶ薄くなってきたけど白い線ひいてありますが

034.jpg

このように車をビシッと真っ直ぐ入れるためなんですね。

せっかくキレイにして車が斜め向いていたら気持ち悪いですからね。

まあ単なる細かい男なだけかもしれませんが

雑な人が車触るより細かい人が触ったほうがいいでしょう?






そうそう9月の各キャンペーンは10月も継続中です。






管理って大事?

世の中お盆休みと台風接近のせいでお店はすっかりヒマヒマ状態。

とは言ってもやることはあるのですが・・・

今日は昼過ぎまで雨。今も雨降っているけど

台風なのでしょうがないです。

雨が降ると当然湿度が上がります。

気温は30℃いかないレベルで涼しく感じますが

午後1時の湿度は湿度計で80%オーバーでした。

当店の作業スペースは閉め切れてエアコンある環境なので

004.jpg

わずか30分で湿度は50%をきる状態になります。

たったこれだけのことですが

磨く場合

010.jpg



006.jpg

コーティングをする場合に影響するわけです。

なぜか?

洗車する際使用するケミカルであれ、

ボディを研磨するコンパウンドや

コーティング剤などだいたいのものは設定温度というものがあるわけです。

おそらく設定湿度というものもあるでしょう。

正直すぎるメーカーであればそういったデータを教えてくれますが

ほとんどのケミカルやコーティング剤などは知らせないっていうか知らないところもあります。

果たして気温35℃以上や気温5度以下の場合、

湿度80%以上の状態で

気温20℃、湿度40%の状態と同じようにコーティング出来るのでしょうか?

どうですかね?

ボディコーティングにはボディの状況をより良く確認するために照明にこだわる施工店は多いと思います。

こういった環境を管理するということも大事だと思うんですよね。

当店では気温10℃以上30℃以下、湿度60%以下の環境で施工するようにしています。

暑過ぎても寒すぎても気合だけではいい仕事は出来ないと思うんですよね。

なにより

エアコンがあると作業者としては本当に快適なんです。

結局はエアコンありがとう!ということでした♪

おしまい。

061.jpg


オンリーワンっていいかも

 すっかりブログの存在を忘れていて1ヶ月経ってしまいました。

あまり面白い事は書けませんがこれからもブログ続けていくので宜しくお願いします。

はい。

わたくし個人的にクルマ好きでしかも珍しいクルマとか変わったクルマが大好きです

そこで今週コーティングでお預かりしたクルマ

2011.9 036.jpg

これだけで分かったあなたは相当なクルマ好き♪

ボディラインでトヨタだということはなんとなく分かるはず

このクルマは

2011.9 030.jpg

プログレだったんです。

結構見かけるけどマイナー車なプログレ

自分はこのクルマはノーマークでした。

乗ると何気に小さい高級車って感じでいいクルマです。

もともと中古でドノーマルだったプログレを分かり辛ーいようにさりげなく楽しくいじっています。

この時代のトヨタ車は塗装がとても良く

2011.9 034.jpg

とても98年式、走行12万kmとは思えないくらいバチコーンっときれいになりました♪

ちなみにコーティングはハイパーコートね。

プログレを弄るなんて発想はどこにもなかったけど

なんだかカッコ良く見えてしまったあたくし・・・

つまり、定番なクルマを定番なイジリかたするより

『オレだけ〜』的なクルマイジリって見ていてとっても新鮮で楽しい。

なんか変わったクルマ欲しくなってきた。

2011.9 044.jpg

ホイールはゼロクラ アスリート純正








ボルボS90 エルメス

 全国30001人のSINZblogファンの皆さんこんばんは

お盆休みはガマン比べのような暑さの毎日でしたが、昨日と今日は涼しくって快適です。

仕事がんばろー!って気合入っておりますが毎年お盆明けはヒマです。

なのでお仕事ください

よろしくおねがいします。

はい。

お盆前ギリギリご納車したこちらのクルマ

s90 189.jpg

結構知らない人も多いかもしれませんがボルボS90です。

ただのS90ではありません

s90 190.jpg

何かが違う

ロングボディなんです。

いやぁ〜ボルボS90にロングがあるなんて知りませんでした。

それだけではございません

s90 202.jpg

内装が

s90 201.jpg

エルメスの皮なんだそうです。

VOLVO S90 Royal Hermesといった限定車

なんだって

まあ知らなかった。

ご依頼いただいた作業はこの皮シートクリーニングと

s90 205.jpg

ボディコーティングはデュポン ハイパーコート

それとウインドウコーティング

ウインドウフィルム全面施工

s90 208.jpg

リアに貼ってあるフィルムは新しい高断熱フィルムで透過率34%の薄いフィルム

フロントサイドは当店一番人気の透明断熱フィルム

こちらのお客様は以前極上の240セダンを所有していたのですが

Royal Hermesが欲しくってあっさり買い換えてしまいました。

こだわりってやつですね

好きなクルマに乗るっちゅうのはいいことだと最近思います。

売るとき損しないクルマばかり考えていたら好きなクルマってなかなか乗れないですもんね。

僕なんかが良いと思うのは

誰も乗っていないクルマ、又はあまり他人が乗っていないクルマに乗りたい。

かっこ悪いのはダメだけど

へへ〜んオレだけ〜♪なんてのは大好きです。



ステッカーについて

 たまーにしか書かないこのブログ

たまに書いても作業のことばかりなので今回はわたくしのこだわりを少し

当店はフィルムは貼りますがカッティングシートは基本的に貼りません。

というかフィルムとカッティングシートは別分野なので仕入れ先が違うんです

おまけに貼り方もフィルムとカッティングシートは勝手が違うのでそっちの世界にはタッチしません。

はい。

そこで店ロゴなどのカッティングステッカーはいつも依頼する業者さんがいて

この間頼んでいたステッカーをわがまま言って急ぎで作ってもらった。

ステッカー 005.jpg

Clear Plexのロゴをバーンと大きく貼りたいからかなり大きく作ってもらった。

いつも頼んでいるステッカー業者さんはクオリティが高いので安心の仕上がり

単に文字ステッカーといえどもクオリティの違いは一目瞭然

以前頼んだ違う業者さんの場合

ステッカー 004.jpg

幅120个悩遒辰討△蠅泙后

まずprotection & comfortの文字がバラバラ

本当はFor style,protection & comfortなのに字が細かすぎてカット出来ないとのこと

おまけに小文字で指定したのに大文字になってるし

ステッカーってデータはPC上で作ってカットはカッティングプロッターでシートをカットするんだけど

カットする際、僕が最も気にするところは切り始めと切り終わりの箇所

ステッカー 001.jpg

分かりづらいかな〜?

これハッキリ見えるんです

しかも文字の角がツンと立ってしまっているし

僕的には超NG

カッティングプロッターはカットスピード・刃圧・刃の種類を調整できるのでそれらが的正であればこうはならないはずです。

あとはプロッターの精度にもよるけどね。

そしていつもお願いしている業者さんに全く同じサイズで作ってもらうと

ステッカー 002.jpg

はいバッチリ♪

僕の希望をほぼ叶えてくれています。

細かいところは

ステッカー 003.jpg

いや〜いい出来。

これくらいの仕上がりでないとステッカー納得できないんですよね。

細かい男ですいません。

だからといって全てがこんな神経質ではないのでご安心ください(笑)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM